読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来損ないの減らず口

毎週金曜日にちょっとしたクレイジーをあなたに

大盛無料はこの際「悪」ということで。

この前さ、昼飯食おう思てパッと目に入ったラーメン屋に入ったんよ。

平日の昼間のラーメン屋やから当たり前のように定食があってさ、

もちろん俺もそこからメニューを選ぶわけよね。

 

 

あの平日昼間のセットでさ、

「ギョーザセット」を作る奴ってどうかしてるよな。

 

 

 

唐揚げセット、チャーハンセット、素晴らしい組み合わせやで、

でもラーメンと何を食うと言われて、一番ベストな相方なんてギョーザに決まっとるやん。

 

ラーメンに対するギョーザって、

カレーに対するライスくらいのうまさを誇ってやがるやん。

 

そんな誰が見ても食いたくなる完璧な組み合わせを、

平日昼間に安価で提供するなんて、時が戦国なら打ち首は免れんよ。

 

俺は営業やからなおさらやけど、

昼からも仕事の人ならだれもが臭いを気にして食いづらいはずやん。

にもかかわらず、セットにしてしかも格安で提供なんて、どうかしてる。

 

 

 

あと、「大盛無料」ね。

 

あいつも罪深い。

 

あんなもん、大盛りにしちゃうにきまってるやん。

 

 

 

わかってんねんで、

俺には「並盛」が適量ってことくらいさ。

義務教育6年受けてるし。

 

 

 

 

でも「無料」って言われたら頼んじゃうよね。

 

しかもさ、こっちが頑張ってそれを見ないようにしながら、

「量は普通で」

つってんのに、

「お昼大盛無料ですけどどうします?」

とか聞いてくる奴居るやん。

 

 

 

 

ハイ、昼からの業務、終わりましたね♪

 

もうそんな誘惑にノーといえる強さなんて持ち合わせてないからさ、

「お得!!お得!!!!」つって、若干小躍りして大盛にオーダー変更ですよ。

 

5分後には、

「てめぇ!ホンマに量ふやさんでええんじゃ!」

ってキレることになるんやけどね。

 

 

 

 

 どうも畑中です。

 

 

 

あとさ飯で言うと、「カフェの飯」って空気的に文句言いたなる一番のもんやんね。

 

 

あのアレね、昼飯のことを「ランチ」っていう奴らが行くようなカフェの飯な。

 

あの飯さ、味としてはうまいところも多いやん、

唐揚げのライスプレートとかさ、パスタとバケットセットとか、

結構がっつりで量もあるとこも多いし、飯としては全然ええねん。

 

ただな、

「おしゃれ」つって女共が飯を食う前にパシャパシャ写真撮っとるやん。

 

 

 

 

 

「おいお前」と。

それの、何がオシャレなんや。

 

 

 

よく考えろ、

てめぇが食ってるものを文章で表現すると、

木のボールに米と鶏肉の揚げてあんのを、

ぐっちゃぐちゃにしてソースかけたもんや。

 

 

今一度聞く。

 

 

それの、何がおしゃれなんや。

 

 

 

キャラクターの形をしてますとかさ、

皿にソースで絵書いとりますみたいなんとかはわかるよ。

 

 

いやいや、今回はそうはいかんでしょ!

やってることびっくりドンキーとおんなじやで!

 

 

 

 

 

 

――ええやん、それで楽しんでて、誰にも迷惑かけてないんやから。

――お前だって文句言われてもタバコ吸うやん。

――そっちのがよっぽど迷惑。

 

 

 

 

 

そうですね…