出来損ないの減らず口

毎週金曜日にちょっとしたクレイジーをあなたに

1年働いてみて私が感じた事

4月1日という今日という日を、

皆様はどのような心持でお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

学生の皆様は

慣れない環境や先に待つ就職、試験等々に

不安や絶望を感じておられる方も多いかと思います。

 

 

また社会に出てくる新社会人をはじめ、仕事に就かれている皆様は、

社会人になることに対する不安や

異動転勤等に伴う体制、業務内容の変化など、

様々な不安、希望が混在しており、

この4月1日というものは、一年で最も混沌とした日だと私は感じております。

 

 

 

 

 

そんな4月1日に私が伝えたい事。

 

 

 

 

 

 

表題でも書かせていただきました通り、

「1年働いてみて私が感じた事」

この件につきまして、下記にてご報告致します。

 

 

 

 

 

この表題より私がまず思った事は、

「自分の時間がないこと」でした。

 

 

 

不真面目な学生生活を送っておりました私にとって、

お金の面では学生のころに比べ多少余裕は出てきました。

 

 

 

その反面、仕事に大半の時間を費やしているため、

今までの当然が行えず、心のバランスを崩してしまうことがありました。

 

 

 

 

 

もちろん上記について想定はしていました。

 

自らの時間を作れないことに対するストレスは、

自己表現ができないことによってフラストレーションがたまることに起因すると

原因を推定し、それに対する背策として、

自己表現の場としてブログを設けるといった対策もおこなってまいりました。

 

概ねこの想定原因は正しく、自己表現の場を設けて

助かったと感じる場面は多々ありました。

 

 

 

 

 

 

 

しかし私は、ストレスレベルの概算を見誤っておりました。

 

 

 

 

 

 

休日にストレスを解消する。

定時後にストレスを解消する。

それでは、足りなかったのです。

 

 

 

学生の頃、捨てるほどの自由な時間を持っていたためか、

週に2日しかない休日では、一日数時間の自由時間では、

私のストレスを解消しうるほどの休息にはなりえなかったのです。

 

 

 

 

 

 

またもう一つ私が思った事は、

「社会に染まっていく私に対する嫌悪感」です。

 

 

 

 

以前、ブログ内でもお話しさせていただきましたが、

会社という学生のころから考えると異質な空間で1年間過ごすうち、

考え方や振る舞いが、いつの間にかしみついてしまっている部分が自分自身でも多数見受けられます。

 

 

 

私は学生のころの楽しく胸を張れた自分自身をまだ引きずっているのだと思います。

その考えが根幹にあるため、社会に入ったことによる変化を許容しきれておらず、

不快感を感じているのです。

 

 

 

 

上記2点、業務の上でマイナス要素を挙げさせていただきましたが、

幸いなことに私は、プラスに感じられる点も感じております。

 

 

 

 

 

それは、

「興味のある仕事に出会えた」

ことです。

 

 

 

 

入社以前、今の仕事の業種についても職種についても大きな思い入れもなく、

その点に魅力は一切感じておりませんでした。

 

 

 

しかし実際に業務を行う中で、

今私が行っております、「電気設備営業マン」という業務に対して、

より知識をつけ営業として人付き合いを円滑に行いたい、

という目標を持つことができました。

 

 

 

それは、職場の環境や相性など、

様々な部分で幸運であったがためにそう思えたのだと自負しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に、

 

このブログで私が何を伝えたいのか。

 

 

 

 

 

就職活動をこれから行う皆さま

並びに、新入社員として社会に出られる皆様へ。

 

「興味のある仕事につく必要はありませんが、

辞めることを前提に、投げやりな就職活動はやめたほうがいい。」

 

 

 

興味のある仕事につければもちろん素晴らしいですが、

それは狭き門になる可能性が高く、そういった仕事に就けない方は大勢いらっしゃいます。

 

 

その時、投げやりになり内定を受け取られる方を多く見受けられます。

 

入社後もマイナスイメージで仕事に取り組みますので、

環境や業務内容に魅力がある可能性があるにもかかわらず、

それが目に入らなくなってしまいます。

 

 

 

ですから、投げやりにならず、どこか少しでも自分の興味がある部分を見つけ、

その会社を好きになろうとしてみてください。

 

 

大企業が、第一志望が必ず良いとは限りません。

 

 

興味がある仕事と思って入社されても、

環境やイメージとの相違で心労がたまることもあります。

 

大企業に入社されても、

休日出勤サービス残業など、

中小企業でもあまり見ないほどのブラック企業の可能性もあります。

 

 

そして入社される新入社員の皆様は、

あなたが入社された会社が私にとっての最善の会社と思って、

業務を行ってほしいと思います。

 

 

 

どうしても無理なら転職の道も当然ありますので、

一生働くほどの気負いをせず、

まず軽い気持ちで好きになる努力を行っていただければ幸いです。

 

 

 

 

以上、今後ともよろしくお願いいたします。