読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来損ないの減らず口

毎週金曜日にちょっとしたクレイジーをあなたに

心の闇はアーティストには武器になるんだってね。

学生時代、本を読んでいてこんなことが書いてあった。

 

社会に出て心を病んでしまう人は、

社会に出るという環境の変化によって変わっていく自分に

不甲斐なさを持って悩む人が多い、と。

 

 

会社帰りの夜10時、

俺の中の誰かが言った。

「お前は許容できているのか?」と。

 

 

学生時代は、言いたいことを言ってきた。

学生時代は、やりたいことをやってきた。

 

 

学生時代のそんな俺が俺そのもので、

仕事の俺は作られた俺なんだ。

 

 

会社のみんなは俺が作った「建前の畑中」しか知らない。

でも、本当の俺はもっとすごいんだ。

 

 

 

 

そう言って

変われない自分を言いくるめていたんじゃないのか?

 

 

 

 

あんなに好き勝手やってたのにできない自分の不甲斐なさ、

あんなに楽しく話していたのに話せない自分の不甲斐なさ、

そのできない自分に目を背け、

できていたあの頃にすがっているだけの、ただの逃げ道だったんじゃないのか。

 

 

 

「仕事で疲れているだけ」

俺の中でまた誰かが言う。

 

 

 

その誰かが悪魔だってわかっていたって、

俺はこいつに頼ってしまう。

 

 

 

それがまたふがいない。

俺は、

 

 

 

頭を落として、家の戸に手をかける。

その時、今まで嗅いだこともないような甘いにおいを感じた。

 

 

 

匂いの先に目をやると、庭の梅の木が花を咲かせていた。

 

 

 

今まで20年間気にしたこともなかった。

梅はこんなに美しいのか。

 

 

そして思った。

 

 

 

 

 

やばいやばい!!ちょっ!

なんかくそ病んでるやん!!!

めちゃくちゃなオナニーしよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん部屋入って即オナやったわけなんやけどさ、

なんでしょうねぇ~

なんか仕事が続くと、身体的にか精神的にか疲れるからさ、

気持ちも沈んじゃうよなぁ。

 

 

 

 

 

なんかでもさ、

そういうときって感性が敏感になってるから、

芸術作品とかを作るにはいいらしいよね。

 

 

 

ほら、アーティストって病んでる人多いやん。

人の心震わせるには、やっぱり感性が研ぎ澄まされてないとダメなんでしょうね。

 

 

 

…ってことは、今俺が思ってる事って、

超カッコいいことなんと違うんかな!

 

 

 

 だってさ!!

アーティスティックな奴って、

ベッキーと両成敗されたり、

きゃりー益若とスノーマジックファンタジーできたり、

報道ステーション降板させられたりしてるやん!

 

 

そんな感じのアーティスティックでかっけぇ自分

今生まれようとしてるんちゃうん!

 

 

 

 

まだまだこれだけじゃないで!

梅の花以外にもあってんよ!

 

 

 

 

 

朝のラッシュ時に会社行くために歩いてたんよね。

 

 

 

 

こんだけ人数居るなら仕事いかんとみんなで銀行襲おうぜ!

って思うくらい、すげぇ人数の行列の一部になりながら、

合わせて歩いてたわけよ。

 

 

 

 

そのとき俺は連勤でもう前を向いて歩くのもしんどくて、

ずっと下を向いて歩いてたんよ。

 

 

 

 

 

すると、前のおっさんがなんか踏んで気づかず歩いて行ったんよね。

 

踏まれたそれは、ハート型のネックレス

 

 

もう何人にも踏まれた様子で、

黒くくすんで、ハートもちょっと曲がってもうてるんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時俺の中のフカセがいった。

 

 

 

「君も、僕とおなじだね。」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして思った。

 

 

俺のフカセ、センスのかけらもねぇな!!!

 

踏まれたハートのネックレス見て同じだね?WWWWW

一緒にされたネックレスが泣いてんぞっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

結果!!

 

 

 

俺のフカセには、

何も見つけないでほしい!