出来損ないの減らず口

毎週金曜日にちょっとしたクレイジーをあなたに

営業マンとエンジニア

隣の芝は青いとか

隣の花は赤いとか

他人のガキはウザいとか

色んなことわざがあるくらい、人のものってうらやましく見えるもんやんね。

 

 

 

 

 

 

それはバイトとか仕事でもおんなじやと思うねんけど、

工場で働いてたら、

「営業ってええよなサボってばっかりやし」とか思うやろし、

営業やったら

「工場とかバイトはええな、現場が終わったら帰れるし」って思うし、

やっぱり自分の大変さが優先されちゃうから、人って羨んじゃうわけよ。

 

 

 

 

 

ただ、この若さでこういった社会ってものの仕組みを理解しつくしてしまった

愚かな一人の若者である僕はさ、

「みんな違ったしんどさを持っている!互いを尊敬しあえばみんなハッピーなんだ!!」

っていう崇高な思想をもって、コンビニ店員に向かって、

「てめぇレジ打ちするだけの仕事やねんからたばこの銘柄くらい覚えろやだぼがよ!!」

つってののしってるわけなんやけどさ。

 

 

 

 

 

 

 

そんな人でなしの俺は、工場で使う電気機器を売る営業マンをしてるんよ。

結構幅広くやってて、電球一個から何トンもあるようなでっかい箱までいろいろ取り扱ってるんよね。

わかりやすくいうと、

ピンクローターから三角木馬まで扱ってる信長書店的な営業マン!

みたいな感じ。

 

 

 

 

 

それで最近、

「何に使うかよくわからんけどでっけー奴とりかえてくれん?」

って言われて、それを取り換えることになったんよ。

 

 

 

 

 

 

 

その取り換え工事に最近はよく入ってるわけやねんけど、

規模が大きいから結構工事も大掛かりで見てても結構楽しいんやけどさ、

やっぱ見てるだけってすごい申し訳ないんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

重いもん運ぶ業者さんとか、専門の技術もって頑張ってるエンジニアの人とか、

こっちからすると、尊敬もすごいしなんかもう頭上がらんやん。

そこに見学者みたいに入っていくんがなんかなぁって思っててさ。

 

 

 

 

 

 

「このM11全然やな!!」

 

「これSUS焼き付き起こしてもとんちゃうか!?」

 

 

 

言葉は汚いけど、専門用語が飛び交うプロの世界

きっと彼らからすると、専門知識もなく馬鹿みたいに見てる俺なんて、

うらやましくて腹が立って仕方ないんやろうな…

 

 

 

 

「CRCもってきてる?」

 

 

「持ってきてへんなぁーサンダーで何とかしてくれんか!!」

 

 

 

 

なんかすげーことになってきたなぁ・・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

「よっしゃ外れた!!!!」

 

 

 

 

振り返ったおっさんは、

笑顔で外れたボルトを掲げている。

 

 

 

 

「ようやった!!次の作業うつろ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとまって!!!!!!

 

てめぇかっこいい専門用語並べてたけど、

ボルト外すのにてこずってただけだったんだぁ!!!!

 

よくよく考えてみりゃSUSってステンレスの事やん!!

CRCって556見たいなオイルの事やん!!

普通にステンレスとかオイルっていやええやん!!!

 

 

 

 

 

 

 

なんか尊敬した分損した気がした今日この頃でした。