読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来損ないの減らず口

毎週金曜日にちょっとしたクレイジーをあなたに

頑張る女性を支えたいってのは免罪符じゃねぇかな?

なんでしょうねぇ~

 

俺趣味で楽器を嗜んでるわけやねんけど、

この前の大みそかに、ライブに出てきたんよ。

 

 

会場は俺が住んでる関西の某所なんやけど、

企画者は今仕事の関係で九州に住んでる女性でさ、

社会人3年目のきれいな方なんよ。

 

 

三年連続くらいでこの人企画してライブ開いててさ、

俺は先輩を見に毎年行ってたんやけど、

今年は晴れて出演することができたわけ。

 

 

出演するってなったら、

今まで客として行ってた時には気づかんかったことがいっぱい見えてくるわけよ。

 

 

 

まずは、その九州女性のすごさね。

 

統率力があって、企画力、行動力も高い女性やから自然に人も集まってきて

趣味はオナニーって言いそうな俺みたいなキモオタから、

趣味はフィストファックって言いそうなパーティーピーポーまで、

もうそこにいるみんなが、その女の人のこと大好きって感じがすっげぇ伝わるライブやったんよね。

 

そんな多種多様な人に合わせられるコミュニケーション能力とか、

みんなに愛されるかわいらしさとか、

もうその人の人間性がすげぇなぁと思ったんよ。

 

 

それにライブ企画するのってまぁ~大変なわけよ。

演者だけで30人以上おるから、その動きとかを全部取りまとめて、

問題が起きたらスタッフと一緒になって走り回って

いざ会場が開いたら100人以上来る客を整理したり、盛り上げたりせなあかんし。

 

 

もちろん周りのみんなも協力は全力でするけどさ、

とりまとめは九州女性なわけやから、正味その人一人で頑張ってるわけよね!

 

 

 

 

もうさ、そんな頑張ってる女性って目が違うんよ!目が!

 

輝いてるってか、恍惚としてるってか、淫靡っていうか…

 

 

 

 

 

せやねん!

頑張ってる女って超エロくね?

 

 

 

 

 

あのシャカリキになって、まっすぐ前を見て頑張ってる姿ってさ、

なんて言うか、

すごいそそるものがあると思うんよな!

 

 

 

 

 

 

 

 

さてここで。

 

 

しょっぱなに「エロい」ってことを聞いたがために、

「この男はクズ」みたいな、

俺のことを犯罪者を見るような目で見たくなる気持ち

ちょっとはあるんかなぁと勝手に思ってるんやけど。

 

 

 

 

 

 

「頑張ってる女ってめっちゃエロくない!」

って言葉を、

「頑張ってる女性を支えてあげたい」

って言ったら聞こえがよくなるんやろ?

 

 

 

 

 

だってテレビの結婚会見とかでも聞くやん。

「○○のがんばってる姿、ひたむきな姿勢をみてると、支えてあげたくなった」

つって。

 

 

 

それって、人の美しい部分に性的興奮を覚えた自分に対する免罪符じゃねぇのかな?

 

 

 

ってかさ、「エロい」って別にわるいことじゃなくね?

性的な目で見るってそんだけ魅力的ってことじゃねぇの?

それになんの問題があるん?

 

 

 

 

 

その時、世界のどこかで誰かがつぶやいた。

 

でもさ、

「人の美しい部分に性的興奮を覚えた自分に対する免罪符じゃねぇのかな?」

っていったけど、誰一人としてそれがエロいって言ってる人はいないわけやん~

ってことはエロいって思ってるのはお前だけの価値観で、

てめぇのうがった価値観で通常の「支えたい」って思い

踏みにじってるだけじゃねぇのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は頑張ってる女性を見て、

支えてぇと思いましたぁ!